★ダニス・タノヴィッチ監督作品同日公開記念 半券チケット割引サービス
社会派監督であり、禁断のテーマに挑戦し続けるダニス・タノヴィッチ監督の「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」「サラエヴォの銃声」の公開を記念して、どちらかをご鑑賞いただいた際の半券をもう1作品ご鑑賞時に窓口でご提示いただきますと入場料金が1100円(高校生以下800円)になります。

セバスチャン国際映画祭Solidarity賞を受賞した「汚れたミルク」、第66 回ベルリン国際映画祭銀熊賞、アカデミー賞外国語映画賞ボスニア・ヘルツェゴビナ代表にも選ばれた「サラエヴォの銃声」、いずれも世界から高い評価を得てる2作品。ぜひ、ご覧いただきたい作品です。

 
 
 

汚れたミルク あるセールスマンの告発

 
©Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014
 

パキスタンで国産製薬会社に勤めるアヤンは、ある日、妻の勧めで多国籍企業の営業募集を知り、大手グローバル企業に就職する。「諸君が売り込むのは世界最高の粉ミルクだ!」赤ん坊の粉ミルクを手に、病院を行き来する毎日。アヤンはついに、大手グローバル企業のトップセールスマンになる。
しかしある日、悪夢のような現実を聞かされる。パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が起きたのだ。その事実を知っていながら、責任放棄をする企業。自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に心を痛めたアヤンは、たった一人で世界最大企業を訴えようとする。しかし、次々とアヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。ついには愛する家族と離れながら、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。子どもたちを守るため、そして愛する家族のために——。
 

監 督 ダニス・タノヴィッチ
出 演 イムラン・ハシュミ 
ギータンジャリ 
ダニー・ヒューストン 
時 間 90分   

座席予約はこちら
公式サイト
 

 
 
 

 

サラエヴォの銃声

 
©Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014
 

サラエヴォのホテル“ホテル・ヨーロッパ”は、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年の記念式典を行うための準備に追われていた。その日、ホテルにはさまざまな人たちが集っていた―仕事熱心な美しい受付主任、屋上で戦争と結果についてインタビューするジャーナリスト、100年前の暗殺者と同じ名を持つ謎の男、演説の練習をするVIP、ストライキを企てる従業員たちとそれを阻止しようとする支配人…。
同時進行にさまざまな場所で、人びとの思惑が複雑に絡み合っていく。やがて次第に狂いだす運命の歯車。
 “ホテル・ヨーロッパ”の緊迫は、100年の時を越えてふたたび一発の銃声で破られることになる——
 

監 督 ダニス・タノヴィッチ
出 演 ジャック・ウェバー 
スネジャナ・ヴィドヴィッチ 
イズディン・バイロヴィッチ 
時 間 85分   

座席予約はこちら
公式サイト